キャッシングやカードローンを日常生活に役立てよう

日常生活を送る中で、お金は財布や預金通帳の中を頻繁に出入りします。

普段のお買い物などは、こうした個人のお金を使って行うことがほとんどです。

一方、個人のお金を使う以外に、企業からお金を借りて、日常生活のやりくりに用いたり、高額なものを購入したりすることもできます。

そんな、企業からお金を借りる行為を、借入といいます。

キャッシングやカードローンといった、消費者金融もしくは銀行が提供している現金融資サービスも、借入の方法のひとつです。

これらの現金融資サービスは、使用用途の限られるマイカーローンや住宅ローンと違い、自分の好きな時に、限度額の範囲で、自分が必要とするだけの金額を融資してもらえるという特徴を持っています。

カードが発行されるタイプのサービスなら、金融機関のATMや、コンビニエンスストアのATMなどで、いつでも融資を受けることができますし、カードレスのタイプなら、インターネットを使って、いつでも自分の口座に、振込による融資を依頼することができるのです。

また、これらの現金融資サービスには、1,000円から融資を受けることができるものがあり、お小遣いの足しにする、お買い物の時のわずかな不足分を補う、といった使い方ができます。

もちろん、キャッシングやカードローンを利用すると、利息を支払う義務が発生します。

ですが、上手に借入と返済を行えば、利息は大きな金額にはなりません。

自分の手持ちのお金だけでなく、こうした現金融資サービスを利用することで、より快適な日常生活を送ることができるのです。

借入で世間の目が気になる方も安心できる

キャッシングなどの借入で多くの方が気にするのは世間からの目でしょう。

近年はCMなどが多く流れて認知度が上がっているとはいえ、やはりお金を借りるという行為に後ろめたさを感じる方も少なくないようです。

しかし、現在はインターネットで借りるのが主流ですので、人の目を気にしなくても済むようになりました。

また、審査も大変スピーディーで消費者金融業者での平均はおよそ30分でです。

この短期間に、本人確認の連絡や在籍確認が行われ、指定口座に現金が振り込まれるのが1時間程度です。

もちろん、申し込む時間や曜日により、審査や融資が翌日になる場合もありますが、タイミングさえ合えば大抵は即日キャッシングとなります。

ただ、ここで一番気になるのは申し込むと必ず行われる本人確認や在籍確認です。

本人確認の場合は携帯電話の番号を登録し、連絡時間を伝えることでクリアできますが、勤務先への在籍確認はそうもいきません。

在籍確認では本人が出ない限り、キャッシング会社だと名乗ることはありませんが、それでも不安な方は電話の時間や連絡内容を指定することができるキャッシング会社を選ぶといいでしょう。

また、明細書などの郵送物に関しても最近は社名を記載しないなどの配慮がなされていることが多いです。

通帳への記入も同様です。

それでも心配だという方は、明細などの書類を自動契約機で受け取れるサービスを行っている会社もあるので調べて利用してみるといいでしょう。

プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)
 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分

関連サイト